よくある質問

Q.企業主導型保育園とは何ですか?
A.

待機児童解消の為に、平成28年度から始まった国(内閣府)所管の保育園です。
認可外保育園ですが、施設面積や園児に対する必要保育士数などは、認可保育園と同じ基準となっています。

Q.認可保育園と企業主導型保育園の違いは何ですか?
A.

認可保育園に入園を希望する場合、お住いの市区町村へ入園申込みを行い、入園決定は市区町村が行います。
また利用料は保護者の前年度の収入により決められます。一方、企業主導型保育園は自治体を通さず保育園と直接契約でご利用いただけます。
入園の決定は保育園が行い、保育料も保護者の収入にかかわらず設定しています。

Q.大田区の助成金はありますか?
A.

認可外保育施設等保護者負担軽減補助金があります。
0~2歳児:第一子13,000円~40,000円・第二子41,000円・第三子67,000円が上限となります。

課税額等の区が保有する情報を確認した上で補助金額を決定するため、利用施設へ先に利用料をお支払いいただき、
その後本補助金を申請いただく「償還払い」方式により補助金を交付されます。

Q.従業員枠とは何ですか?
A.

0歳から2歳までのお子様がいる方ならお子様と同伴して出勤して頂けます。
お子様の成長を見られながら働くことができ、保育料も割安になります。

Q.満3歳(年少)になったらどうすればよいですか?
A.

他の保育施設への転園手続きをお願い致します。お住いの市によっても違いがありますが、
一般的に3歳児は0歳児に比べると入園可能な園が多いと言われています。

Q.誰でも利用できますか?
A.

保護者が就労している、又はお住いの市区町村から保育認定(第2号、第3号認定)を受けているお子様であればご利用いただけます。

また、保護者が就労している場合であれば就労証明書、在籍証明書、勤務証明書、労働者名簿4点のうちのいずれか1点が必要になります。
お勤めされていない場合は、支給認定書が必要になります。

Q.育休中でも利用できますか?
A.

育休中でも、育休の対象外のお子様はご利用いただけます。
※育休の対象のお子様はお預かりできません。

例えば、『第2子の為の育児休業中に、その第2子をお預かりすることは出来ませんが、第1子をお預かりする。』
といったパターンであれば、ご利用可能です。
その際の必要書類は、育休されている方の育児休業通知書です。

また、育休されている方の会社から、育児休業通知書が発行されない時には、
自治体から支給認定書を発行していただく事で、お預かりが可能となります。

Q.園の所在する区以外の地域に住んでいても利用できますか?
A.

可能です。大田区以外の地域にお住まいの方でもご利用いただけます。

Q.求職中でも利用できますか?
A.

入園可能です。お住いの市区町村から第3号認定をお受け下さい。

Q.保育料以外に必要となる費用はありますか?
A.

ございません。入園料や食事代は保育料に含まれています。

Q.入園を検討している段階ですが見学だけでも可能ですか
A.

可能です。お気軽にお電話またはホームページのお問合せフォームからご連絡下さい。

Q.基本保育時間を教えて下さい。
A.

7:00~20:00の中でご都合の良いお時間でお預かり可能です。

Q.延長保育はありますか?
A.

延長保育はありませんが、開所時間の7:00~20:00内であればお預かり可能です。

Q.登園やお迎えの基準体温は何℃でしょうか?
A.

原則として、体温は37.5度以下であること・その他症状を見極めて受け入れています。
保育中に、37.5度以下であっても明らかな風邪症状・体調不良が見受けられる場合は保育者が都度判断し、
保護者の方にご連絡をして早めのお迎えをお願いする場合もございます。

Q.子どもを迎えに行く時刻は、毎朝ご連絡で良いでしょうか?
A.

お迎えの時間は、お預かりする際にお伝え頂ければ幸いです。

Q.お昼寝の布団を持参する必要はありますか?
A.

シーツとバスタオルを持参していただきます。

Q.オムツの種類と処理について教えて下さい。
A.

オムツは紙オムツを持参頂いております。処理は園で実施致しております。
処理費用はかかりません。

Q.必要な持ち物はなにがありますか?
A.

なるべく持ち物がすくなくなるように考えています。
着替え・お昼寝用バスタオル・食事用お手拭き・食事エプロン・おしりふき・紙おむつが主なものです。詳しくは園にお問合せください。

Q.アレルギー対応はできますか?
A.

医師の指示のもと、園と保護者で相談して、原則、原因食品を除去し対応いたします。場合によっては、お弁当を持参いただくこともあります。
※登園でのお食事には元々、卵・牛乳は含まれておりません。牛乳の代わりに豆乳を使用しています。

Q.園庭がないですが、どういった活動をしていますか。
A.

近隣公園での戸外活動、室内や児童館での設定保育を行っています。

※設定保育とは、あらかじめ保育士がどのような保育を行っていくのか決め、
設定した指導案に基づいて保育士が率先して子どもたちを指導する保育の形です。

トップへ戻る